医師復職に有利なのは男性?女性?

医師復職TOP >> FAQ >> 医師復職に有利なのは男性?女性?

医師復職に有利なのは男性?女性?

一般の方が思うほど、決して楽ではないのが医師と言う職業になります。一般の企業のスタッフのように体がきついからといって休むことは出来ず、かといって病気になれば患者さんに病原菌を移すことにもなりますので医師として本末転倒です。

こんな非常にプレッシャーの強い毎日と闘いながら過ごすことになりますので、医師の方によっては業務を遂行できないほど精神的に追いつめられていく方も多くなります。そして、意外に知られていませんが実に多くに医師が休職しているのですよ。

それでも医師の多くが復職に前向きな方も多いのですが、復職するとなる男性と女性どちらが有利になって行くのでしょうか?実は医師の復職については性別的にどちらが有利かは難しい問題で一概に言うことはできません。

・医師のブランク期間
・男女ごとに強みの違う診療科
・復職場所を選ばないモチベーション
・優良な健康状態

医師は、基本的に医療機関で患者さんを診断して治療を続けていくことにより、医師としての水準を長期間で高めていくことができます。そのため、どんな事情があっても医師としてのキャリアを中断するということは、医師として大きなダメージになる可能性があります。 しかし、ブランクの期間が短ければ短いほど復職できる職場も多くなっていく傾向にあるので、性別による復職の有利不利は非常に判断しにくい問題であるとこの点からも理解できます。

その一方で、復職しやすい診療科は男女差が存在しているのも事実で男性の場合は内科医が最も多く、女性の場合は同じく内科以外にも小児科や産婦人科への復職がしやすいと言われているのです。しかし内科以外の診療科になりますと、ブランクによって失った専門知識を取り戻すことが非常に困難である現状も見逃すことができません。

また、医師として復職を何が何でもしたいのであれば、研修場所を含めて勤務先の立地にこだわることは大きく不利になっていくでしょう。男性医師の場合は勤務先の場所については比較的受け入れやすい傾向にあるものの、女性医師の場合は家族との兼ね合いもあって場所が限定的になることもあるでしょう。

そして、やはり重要なのは男女関係なく医師として活躍できる健康状態です。復職研修ではプライベートの時間もなく、医師としてブランクを取り戻さねばなりません。その夢半ばでも、やはり一番の見方は性別による区別ではなく丈夫な体になるのです。 さて、男女関係ない復職にこだわっていくのであれば、やはり転職エージェントへの無料エントリーを進めて行くのが宜しいですよ。

医師が復職できる求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 医師復職ナビ All Rights Reserved.