医師復職に無難な診療科は?

医師復職TOP >> FAQ >> 医師復職に無難な診療科は?

医師復職に無難な診療科は?

日本における医療現場では看護師不足が叫ばれて非常に久しいものですが、最近は何と医療行為の根幹となる医師も不足している状況のようで地域医療の運営に大きな支障を来しているようです。また、様々な原因で医師としてのキャリアを諦めてしまう方も少なからず存在していまして、そのことがさらに医師不足に拍車をかけています。

そんな中で、仮に一時的に医師キャリアを中断してしまった場合、その後復職するチャンスが来た時には一般にどの診療科が復帰しやすいのでしょうか?一般的医師として復職しやすいのは内科であると言われています。内科医になるのが簡単というわけではないのですが、復職研修が一番効率的に行いやすい診療科であると言われています。 また、内科は医療機関において最も多い診療科であることもあって、研修後に転職先を選ぶ際にも最も有利なことも知られているのです。

事実、若年医師や年配医師の復職例を見てみますと総合内科医として復職したケースが最も多くなっていて、これは多くの医療機関で受け入れられやすいということを証明していると言えるでしょう。

逆に復職に最も難しいと言われるのが外科となります。外科の場合は、手術をこなすことで外科医としての能力を高めていきます。一旦外科医としてのキャリアを中断してしまうとオペの技術も衰えますので、よほど復職研修が充実していないと困難であると言われます。 そのため、女性外科医の方は大学の医局に長く所属する方も多く、それは復職後のオペ技術が取り戻しやすいからなのだそうです。

また、医師にとって復職に無難と言うわけではないのですが、医療機関側が復職に力を入れている診療科が存在しています。実は、それは人材不足が医師の中でも特に深刻な小児科と産科になります。ただし、小児科と産科になりますとかつて専門として勤務していた方が復職対象となり、他の診療科からの復職が若干難しいと言えます。 小児科と産科はもともと女性医師の多い診療科なので、人材不足を解消するには並大抵の努力では解消できないと言われています。

さて、医師としてのキャリアを長期的に取り戻すことを前提に復職活動を行っていくのであれば、ネットにおける転職エージェントへぜひとも無料でエントリーをしていくことにしましょう。これを利用することで、復職研修に取り組める医療機関とキャリアアップできる医療機関を効率よくチェックしてもらうことが可能になるでしょう。

医師が復職できる求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 医師復職ナビ All Rights Reserved.